インスタ無料広告で海外旅行のメンバーを募集する方法byLINE

インスタやLINEで海外旅行のメンバーを募集を募集しております!まずは、LINE↓↓にご登録下さい!

・団体割引で激安、最安値
・旅仲間がたくさんできる
・めっちゃ楽しい!
・10年以上の信頼と実績
・安心安全、無事故無トラブルです!

まずはLINE友達追加して下さい↓↓

■詳しくはこちら⇒https://kamokamo-do.com/au-web/


当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<以下はボツになった記事です。モッタイナイので載せておきます。>

学生旅行に海外旅行を選ぶような人も今では珍しくなくなってきました。卒業旅行に行くのではなく実際に学生のうちに海外ボランティアに行くということ。そういった点も就職に有利になったりする時代であり、多くの企業が海外に向けてグローバルに展開している証拠であり、海外での知見があるというようなグローバルな視点に精通している人材が好まれるようです。言語こそ今や翻訳機が整い全くの言語能力が必要とされるというような時代ではなくなっていますが、コミュニケーションという意味で海外での活躍を所望するのではないでしょうか。そういった点でますます学生の海外旅行が見直されています。かくいう私がタイのバンコクに旅行に行った時の話です。まずは気候的に随分と日本の気候とは違うということがよくわかりました。日本では四季というものがありますが、バンコクには三つの季節があるということです。夏と雨季と乾季その三つに多くに分けられ、特に雨季はに日本とは異なった体験ができるので面白いと思いました。ちょうど旅行に行ったのが雨季ということもあったのでしょう。雨が降り続く日本の梅雨とは根本的に違い、日がな雨が降り続き、実に30日も続きます。一か月で1日しか晴れの日がないという日が続きその雨期が3ヶ月4ヶ月と続くのです。その大半の降雨量をその時期でまかなうほど一年中の雨がその時期に降り注ぎます。
逆に乾季は全く雨が降らず雨季とは正反対の気候、つまり一か月に1日ぐらいしか雨が降らないというのような季節が続くのです。このように日本とは違った気候になっているため面白いと感じられます。また日常生活でも面白い点があり、特に物価が安いのですが、昔ほど安くはない現状が広がっています。そのように物価が上がっていますが、田舎に行くと食料などが安くなっているのです。しかしながらバンコクですと、例えばお菓子などは特に高いのです。日本で売られているお菓子と全く同じようなものが売られているのですが、その多くが日本から輸入品のため、輸送費がコストとしてプラスされて値段が日本の1.5倍ぐらいの価格になっているという驚きの面も垣間見ることができます。