イルカなどの大物に出会える海外のダイビングスポット15選

https://www.photo-ac.com/main/detail/2030814?title=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A1&searchId=179871712

【ざっくり言うと・・・】
■海外のダイビングスポットなら日本では出会えない大物にも遭遇できる!
■格安で海外のダイビングスポットを楽しみたいのならアジア地域がおすすめ
■離島ほど多種の大物と出会える傾向が



「海外旅行でダイビングをする際に知っておきたいこと」
まずは、海外旅行でダイビングをする際に知っておきたいことについてご紹介いたします。ダイビングは一歩間違えれば命に関わることもあるので、注意点を留意して下さい。

「事故に備えて海外旅行保険に加入しておく」
海外旅行の際に病院にかかってしまうと、高額な医療費を請求されます。ダイビングは事故の危険性を伴うスポーツなので、海外でダイビングをする際は海外旅行保険に加入しておくのが賢明です。

「海外でダイビングをする際にライセンスは必要?」
海外旅行でダイビングをする際にライセンスが必要であるかどうかは場所によります。ライセンスがあった方が深いところまで潜ることが出来るので、より多くの魚に遭遇出来ます。

「海外旅行でダイビングをする際は機材をどうする?」
海外の有名なダイビングスポットでは、基本的に機材のレンタルがあるので安心して下さい。シュノーケルなどの小機材を日本から持っていくことも可能です。

「海外旅行で行きたいアジアのダイビングスポット」
それでは、海外旅行で行きたいアジアのダイビングスポットから紹介いたします。アジアへの海外旅行は比較的安いため、安く大物に出会える海外のダイビングスポットに行きたいとい人におすすめです。

「5位:サムイ島・タオ島=ジンベエザメも回遊!?」

https://www.photo-ac.com/main/detail/2030814?title=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A1&searchId=179871712
サムイ島・タオ島はタイの離島です。ギンガメアジの魚群が有名ですが、時にはジンベエザメなどの大物とダイビング中に遭遇することもあります。流れが穏やかであるので、初心者ダイバーでも楽しむことの出来るダイビングスポットです。

「4位:ボルネオ島=圧巻!ギンガメアジの群れ」
ギンガメアジ
https://www.photo-ac.com/main/detail/3315278?title=%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%82%B8&searchId=179890390
ボルネオ島の北東部に散在する離島では、ダイビングスポットが多数存在します。ギンガメアジの魚群が有名ですが、それだけではありません。島によっては、ウミガメやハンマーヘッドシャークなどの大物と出会えるダイビングスポットもあります。

「3位:プーケット=ジンベエザメやマンタに出会える!」
マンタ
https://www.photo-ac.com/main/detail/1444651?title=%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BF&searchId=179883853
プーケットはリゾート地として有名ですが、プーケットではダイビングも人気です。日本で有名なダイビングスポットであるため、日本人が経営するダイビングショップもございます。ジンベエザメやマンタなどの大物との遭遇率も高いのでおすすめのダイビングスポットです。

「2位:バリ島=マンボウやマンタと遭遇」
マンボウ(八景島)
https://www.photo-ac.com/main/detail/1789527?title=%E5%85%AB%E6%99%AF%E5%B3%B6%20%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A6&searchId=179873940
バリ島におけるダイビングでは、マンボウやマンタなどの大物に高確率で出会うことが出来ます。日本において野生のマンボウにダイビングで遭遇するのはほぼ不可能です。大瀬崎がマンボウのダイビングスポットとして有名ですが、通い詰めてもほぼ出会えません。
そんな日本では出会うことがほぼ出来ないマンボウに高確率で出会うことが出来るところがバリ島の魅力です。ヌサペニダというところがマンボウに高確率で出会えるダイビングスポットとして知られています。

「1位:セブ島=格安海外旅行!ジンベイザメと泳ごう」

https://www.photo-ac.com/main/detail/2030814?title=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A1&searchId=179871712
セブ島はフィリピンに属する島です。セブ島のダイビングで出会うことの出来る大物はジンベエザメです。セブ島は、世界でも数少ない野生のジンベエザメが生息している場所として知られています。
セブ島のジンベエザメダイビングはオスロブという場所で行われます。オスロブはセブの中心街から離れており、ジンベエザメのツアーが午前中しかやってないこともあって、朝4時~5時の出発となるので注意して下さい。

「海外旅行で行きたい中南米のダイビングスポット」
次に、中南米に海外旅行をする際に訪れたいダイビングスポットを紹介いたします。日本では体験出来ないようなダイビングスポットが数多く存在します。

「5位:ソコロ諸島=複数のサメと出会える秘境」
マンタ
https://www.photo-ac.com/main/detail/1444651?title=%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BF&searchId=179883853
ソコロ諸島はカリフォルニア半島の更に南に位置しますが、船で24時間かけてようやく到着する孤島です。メキシコのガラパゴスとも言われており、10種類のサメに出会えます。それだけではなく、運が良ければマンタやザトウクジラなどもお目にかかれる絶景のダイビングスポットです。

「4位:ケイマン諸島=エイに餌付けするエキサイティング体験」

https://www.photo-ac.com/main/detail/1703406?title=%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%82%A4&searchId=179942086
ケイマン諸島では、なんと野生のエイとふれあうことが出来ます。エイにえづけするエキサイティングな体験は、他では難しい経験でしょう。エイとふれあってみたいダイバーにはおすすめのダイビングスポットです。

「3位:バハマ諸島=迫力満点のシャークポイント」
シュモクザメ
https://www.photo-ac.com/main/detail/3609486?title=%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%83%A1&searchId=179896520
バハマ諸島のダイビングで出会える大物としては、何と言ってもサメが有名です。ハンマーヘッドシャークやイタチザメなどと遭遇できるため、サメ好きのダイバーは是非訪れたい海外のダイビングスポットです。また、サメだけでなく、イルカとドルフィンスイムをすることも出来ます。

「2位:カンクン=ジンベエザメや淡水ダイビングも」
ジンベエザメ
https://www.photo-ac.com/main/detail/1206132?title=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A1%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B&searchId=179945779
カンクンのダイビングスポットとしては洞窟ダイビングが有名です。しかし、カンクンのダイビングではジンベエザメなどの大物も見逃せません。運が良ければ、ダイビング中にウミガメに出会うことも出来ます。
カンクンのダイビングスポットは残念ながらダイビング初心者にはおすすめできません。ライセンスを持っていたとしても経験が足りなければ難しいと感じるぐらい、カンクンは難易度の高いダイビングスポットです。

「1位:ガラパゴス諸島=ハンマーヘッドシャークやその他大物も」
ガラパゴスアシカ
https://www.photo-ac.com/main/detail/2015913?title=%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%91%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AB&searchId=179932612
ガラパゴス諸島におけるダイビングでは、ジンベエザメやマンタなどの有名な大物だけでなく、アシカとも出会うことが出来ます。また、無数のハンマーヘッドシャークの群れは格別です。
とにかく海外のダイビングスポットで大物に出会いたい人であれば、ガラパゴス諸島がおすすめです。ダイバーであれば一度は訪れたい海外のダイビングスポットでしょう。

「海外旅行で行きたい太平洋のダイビングスポット」
最後に、ハワイなど太平洋に面した海外のダイビングスポットを紹介いたします。イルカなどの大物と出会える海外のダイビングスポットも知ることが出来ます。

「5位:バヌアツ=ハタや沈船が有名」
カスリハタ
https://www.photo-ac.com/main/detail/324833?title=%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%82%BF&searchId=179910590
バヌアツのダイビングで出会える大物としては、ハタが有名です。生き物ではありませんが、大物として沈船や海底洞窟も有名です。手つかずの自然の中で行うダイビングは格別で、他の海外の国では体験しがたい経験でしょう。

「4位:パプアニューギニア=バラクーダとギンガメアジの混成群」
ギンガメアジ
https://www.photo-ac.com/main/detail/3315278?title=%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%82%B8&searchId=179890390
パプアニューギニアで狙える大物は、バラクーダとギンガメアジの混成群が有名です。遭遇率が高いため、海外のダイビングスポットで絶対に大物に会いたいという人にはおすすめのダイビングスポットです。

「3位:ケアンズ=人懐っこいナポレオンフィッシュ」
ナポレオンフィッシュ
https://www.photo-ac.com/main/detail/324514?title=%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5&searchId=179914732
ケアンズはオーストラリアの都市ですが、人気の海外旅行スポットですので名前を聞いたことがある人は多いでしょう。ケアンズのグレートバリアリーフにおけるダイビングでは、ナポレオンフィッシュなどの大物に出会うことが出来ます。
グレートバリアリーフのダイビングスポットにはその他の大物も存在します。4~8月に出会うことの出来るミンククジラも見逃せません。

「2位:トンガ=ザトウクジラと泳げる南の楽園」
ザトウクジラ
https://www.photo-ac.com/main/detail/1695400?title=%E3%82%B6%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A92&searchId=179921216
トンガはザトウクジラと泳ぐことの出来る唯一の場所とも呼ばれています。ホエールスイムをしたいのであれば、絶対に訪れたいスポットです。

残念ながら大物との遭遇率は高くはありませんが、それでもダイビング中にクジラなどの大物と遭遇することはあります。まだダイビングスポットが開発されていないので、伸び代に期待したい海外のダイビングスポットです。

「1位:パラオ=イルカと泳げるドルフィンスイム」
イルカ
https://www.photo-ac.com/main/detail/409014?title=%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB&searchId=179950535
ドルフィンスイムといえばダイバーの憧れですが、野生のイルカで狙うのは難易度が高いです。しかし、なんとパラオでは飼育されたイルカとドルフィンスイムを行うことが出来ます。
勿論それだけではなく、パラオのダイビングではマンタやジンベエザメなどの大物に出会うことも可能です。パラオは日本との時差がないこともあり、海外旅行のダイビングデビューがしたい人にもおすすめと言えます。

「まとめ」
この記事では、イルカなどの大物に出会える海外のダイビングスポットを紹介いたしました。海外のダイビングスポットでは、日本では出会うことの難しい大物が生息していることもあるので見逃せません。
海外旅行でダイビングをするのであれば、海外旅行保険には加入しましょう。ダイビングライセンスがあればより多くの大物と出会えるのでおすすめです。

アバター
この記事を書いた人