自宅でのやる気を1.23倍にする裏技!DaiGoの動画を15秒でまとめてみた

(本記事はメンタリストDaiGoさんの動画を15秒で読めるようにまとめたものです)

【自宅でのやる気を1.23倍にする裏技】自宅でのやる気アップ、モチベーションアップに役立つ記事です。コロナ自粛等でリモートワーク中の方にもオススメ!

1.研究報告によると、互いをチェックする「モニタリング」(監視)を行えるようにしたら、1.23倍モチベーションがあがることが示唆された。この成果はご褒美を与えた場合よりも長続きし、習慣化されることが示唆された。

2.自習室やカフェであれば、勉強や仕事作業が集中できるという経験則に合致している。

3.自分がやった行動(作業量等)を記録する。可能であれば、その記録をSNS等で他人にシェアする(できれば作業のはじめだけでも、リアルタイムでライブ配信がオススメ)。

-めでたしめでだし-

▼元のビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=-tKVapq5B2U

(2020/04/20アクセス可能)

<以下は、ボツになった記事です、モッタイナイので載せておきます。>
・私は中南米のキューバに住んでいたことがあり、サルサを学びに来たスタディツアーや単純に南国リゾートということで海外旅行に来た人達を何人も見てきました。実際に住んでいないとわかりにくいことも多くありますのでその点から記事を作成致します。キューバでは日系移民の祝典が何度か開かれており、NHKの連続テレビドラマの「いのち」であったり、「おしん」といった古い名作が高視聴率だったこともあり、かなり親日国家ではあります。実際に日本から海外ボランティアの人が大学で日本語を教えていたり、日本語を活かした生徒が国際ボランティアの一員としてスペイン語圏の国で日本人観光客のガイドをすることもあります。また、日本語コンテストなるものが開催されており、成績優秀者には日本への留学であったり、日本から著名なゲストが来た時には現地で日本語を勉強した生徒さんが通訳を行うなど大役を任されていました。国としてはそこまで豊かではなく、市街地から少し離れるとスラム街のようなところがあったりしますが、人間性はラテンのノリが強く非常に陽気な人が多いです。バーでも気さくに話しかけてきたり、街中を歩いていても日本人ということで声をかけてくる人も大勢います。ただ、海外旅行の初心者であったり、学生旅行として訪れる国としてはかなりハードルが高くなります。キューバはアメリカと冷戦状態だったこともあり、基本的に街中では英語が通じず、ほとんどがスペイン語での会話になります。初心者や学生旅行だと「英語が少しできればOK」とありますが、基本的に英語はホテルと空港以外では殆ど使えないと思ったほうが無難です。(ホテルでも結構怪しいことがあります)また、国民性が陽気な反面、恍惚に詐欺を行う人が少なからず存在し、日本大使館への相談の大半が現地で仲良くなった人と夜通し飲んでいたら財布を盗まれた、パスポートを盗まれたというものです。女性に至ってはラテン特有のノリと綺麗なビーチで開放的になり過ぎてしまい、そのままズルズルと体の関係になってしまったという相談もあり、そこかから物を盗まれたという相談も実例としてあります、そのため、「この人は信用できる人なのか」という外国人への見極めがある程度できないと被害に遭う可能性はあります。市街地でも日本人はYESマンが多いので、高い値段で物を売りつけられたという事例もあります。被害に遭わず、旅行を満喫するのであれば、大き目のホテル(ハバナリブレやマリーナヘミングウェイなど)やバラデロ市にあるホテルで過ごすと中にはコンビニのような施設やビリヤードなどの娯楽施設が揃っています。特にバラデロ市は首都ハバナから車で3時間ほどかかりますが海が物凄く綺麗で、周りも観光客ばかりなので首都や都会の喧騒から離れられてゆったりすることができます。更に満喫するのであれば、綺麗な海には多数の魚がいます。スキューバダイビングライセンスを取得してから訪問すると満足できること間違いなしです。(ハワイや沖縄といったメジャースポットのように人が多いわけでもないし、ゆったりとダイビングが出来ます)大阪にはダイビングスクールが充実しているので、レベルに合わせたダイビングスクールを選んでライセンスを取得すると、不安なく沖にも出られます。浜辺の近くにはいろいろな魚が泳いでおり、また沖に出ると沈没船の探索などもすることができます。1点ご注意頂きたいのは、喉が渇いても水道水は絶対に飲まないでください。水道水が飲めるのは日本を含め先進国の一部のみです。海外旅行、行ってみてよかった国!ブルガリア!!ブルガリア、と聞いて、イメージするのはヨーグルト・・・そんな方が多いのでは?でも、実は!天然ローズで有名な、歴史の深い国なんです!!EU圏内だから綺麗!治安も良い!なのに物価が安くてお買い物天国!学生旅行にもおすすめですよ!ブルガリアは東ヨーロッパにある国。通過はレヴ(1レヴ=約62円(2019年10月現在)トルコの左上、と思ってもらったらいいかと思います。周りを大国に囲まれ、様々な国に統治された歴史を持つため、様々な宗教の寺院があります。なんと、世界三大宗教(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教)の寺院が一度に視界に入る場所があります!歴史を学ぶスタディツアーにももってこい。首都ソフィアは非常に小さな街で、空港から都市部まで車で20分程度とアクセスも良好。街にはショッピングストリートがあり、テラス席でお昼からのんびりしている人々が見られます。郊外には温泉のリゾートもあります。社会主義の統治下にできた路面電車があったり、地下にひっそりとキリスト教の教会があったり。歴史的な建造物が街の中に突然現れます。地下鉄の駅の前に遺跡があり、なんと観光は無料。過去と現代が上手に溶け合ったような都市です。ブルガリア料理は地中海料理に近く、煮込み料理が中心です。料理にももちろん、ヨーグルト!!ヨーグルトを使ったスープは絶品です。ブルガリアの名産品はバラ。天然のローズオイルが破格で購入できます!ハンドクリームがなんと約300円程度から手に入ります。ヨーグルトとローズの組み合わせの化粧品もたくさんありますよ。6月にはバラの収穫に合わせてバラ祭りが開催されるそうです。首都ソフィアから車で3時間程度の場所、カザンラクで行われます。民族衣装を身にまとい、ダンスを踊ったり、バラのレイがもらえたり、写真映え間違いなしのお祭りです。海外ボランティア、国際ボランティア先としても、価値のある渡航先かと思います。今のところブルガリアまでの直行便は飛んでいませんが、トルコ経由やオーストリア経由で行くことができます!東京からも、大阪からも比較的簡単に行けますよ。ブルガリアはヨーロッパの綺麗な街並みと物価の安さといういいとこ取りができちゃう国です!ぜひ!ブルガリアに遊びに行ってみませんか?

YuuSHINOMIYA
この記事を書いた人