スキューバダイビングを趣味にするなら費用は?初期費用を解説!

スキューバダイビングを趣味にする人

【ざっくり言うと・・・】
■スキューバダイビングの初期費用は約3~15万円
■ダイビング費用の大半は機材購入費
■趣味として始めるなら絶対にマイ機材は持つべき


「1.趣味として始めるなら初期費用3~15万円が目安」ダイビングライセンス取得だけなら、5万円前後!
スキューバダイビングの機材
スキューバダイビングを趣味として始めるなら、初期費用としては3~15万円前後を目安にしましょう。
これはダイビングのライセンスを取得し、マイ機材も購入した場合の費用になります。
各ショップのキャンペーンなどを利用すれば15万円ほどで済む場合もあるし、高級な機材を買うのならもっと高くくになる場合もありますが、どんなに高くても20万円程度が相場の限界。それ以上の値段を提示するショップはちょっと疑ったほうが良いでしょう。

<ダイビングライセンスを無料で取得する方法>

当ダイビングサークルでは、無料でダイビングライセンス取得ツアーを企画しています!関東や関西の海や海外でのCカード取得講習会を実施しております。詳しくは⇒https://kamokamo-do.com/au-web/

<ダイビング器材を安く買う方法>

楽天アマゾンなどで安く器材が販売されています(「ダイビング器材」などで検索して下さい)。
または、当ダイビングサークルやLINEでお尋ねください。

「2.スキューバダイビング費用の内訳は講習代とマイ機材費が主」
マイ機材でダイビングする女性
スキューバダイビングにかかる費用の内訳は、まずはライセンスを取得するための「講習料(4万円)」、そしてライセンス発行団体への「申請料(約1万円)」、これでライセンスを取得できたら、スキューバダイビングを思いっきり楽しむための「マイ機材購入費(8~30万円)」がかかります。
ライセンスを旅先で取得する場合は、ここに「旅費」もかかってきますね。

「3.ダイビングを趣味にするなら絶対マイ機材は買うべき!」
マイ機材でダイビングする女性
スキューバダイビングを趣味として始めたいと思うなら、絶対にマイ機材は最初に購入しておくべきです。
その理由は、スキューバダイビングの機材というのは文字通り自分の命を預けるものですから、使い慣れた自分の機材を保つ必要があるから!
それに、ダイビング機材というのはそれぞれ使い勝手が異なるもの。毎回海に行くたびにレンタル機材を使っていては、スキルも上達してきません。
ダイビングを楽しめる趣味として続けるなら、初期投資が肝心ですよ。

「4.ダイビングの機材費用は分割払いすればレンタルよりお得!」
費用分割を提案するダイビングショップ
スキューバダイビング機材の価格は、フルセットで30~50万円ほどが相場になります。
これだけ高額ですから、ほとんどのダイビングショップが分割払いに対応しており、若い方でも無理なく購入できます。
ここで重要なのが、毎月の分割払いなら機材レンタル費用と大して変わらないということ!

例えば、50万円を分割して月額1万円づつ払ったとします。
逆に機材を購入せずレンタル費用を払う場合、フルセットをレンタルしたら結局1万円くらいかかるんですね。
つまり、分割払いなら毎回のレンタル料と同じ費用でマイ機材を持てるということ!
だからスキューバダイビングを趣味としてはじめるなら、早い段階でマイ機材を購入する方が多いんです。
ダイビングの費用については高額なイメージがありますが、このように支払い方法を工夫することでとってもお得になりますよ。


当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<以下はボツになった記事です。モッタイナイので載せておきます。>

私がおすすめする海外旅行先は、フィンランドです!!実は、フィンランドは日本から最も近いヨーロッパで、東京や大阪から直行便で10時間ほどでフィンランドの首都ヘルシンキに行くことができます!ヘルシンキ空港には、日本語表示や日本人の案内人がいる場合があり、英語やフィンランドの公用語、フィンランド語が話せなくても大丈夫です。フィンランドでおすすめの観光地は3つあります。1つ目に、フィンランドは、ムーミンの発祥地として有名で、タンペレにあるムーミン美術館に訪れるのがおすすめです。ムーミン美術館には、ムーミンのお話を知ることができる展示物があり、日本人や日本語の音声ガイドもあるため、海外旅行初心者にもおすすめです!2つ目は、フィンランドは、サンタクロースの出生地としても有名で、ロバ二エミという地域にサンタクロース村という娯楽施設がおすすめです。年中サンタクロースに会うことができ、サンタクロース村から手紙を送ることもできます。また、時期が良ければオーロラを楽しむこともできます。3つ目は、サウナです。フィンランドの家には、日本のおふろのような感じで各家庭に、サウナがあるそうです。なんと、ヘルシンキにある観覧車の中にはサウナがついています!フィンランドでのサウナのおすすめの入り方は、サウナと外の湖を何回も行き来する入り方です。サウナに入りながら、日ごろの疲れを癒し、外の冷たい湖につかりながら、フィンランドの自然を感じることができます。この体験は、日本ではなかなか体験することができないのでおすすめです。また、フィンランドは、旅行先としてだけでなく、社会福祉や教育制度が整った国であるので、現地の教育制度を学ぶための留学先にもおすすめです。なんと、フィンランドは、学費や医療費は無料なのです!!!そして、フィンランド人の多くは、英語を話すことができるので、フィンランド語が話せなくても心配ありません。また、英語が公用語でないためか、アメリカ人などと比べ、ゆっくり話してくれ、英語が聞き取りやすいと感じました。フィンランドは、このように日本人にも親しみやすい国なので、海外ボランティア、国際ボランティア、スタディツアー、海外旅行、学生旅行、留学など海外に踏み出す人にとてもおすすめの国です。

アバター
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。