旅仲間募集中掲示板!セブ島&ダイビング行きLINEグループメンバー募集!

セブ島&ダイビング!LINEグループで旅仲間、ツアーメイト同行者の募集ができる!

・10代20代~35歳の同年代限定グループがある!
・団体割引で激安!
・全国から多数の男女が集まる!
・セブ島、バリ島、プーケット島、ハワイ、モルディブ、アメリカ横断、オーロラ、ウユニ塩湖、マチュピチュ、ナスカの地上絵など多数のツアーを企画!
・発足10年以上の信頼と実績!

■詳しくはこちら⇒https://kamokamo-do.com/au-web/

 


当ツアーでは海外を含む素敵な旅をたくさん企画しています!募集人数10名~130以上!(ツアーによる)
大学生も社会人も!全国の10代20代~35歳のみんなで旅をする企画!⇒詳しくはこちらhttps://kamokamo-do.com/newmembers/

<以下はボツになった記事です。モッタイナイので載せておきます。>

私は、趣味はといえば、海外旅行とあげます。よくLINEで旅仲間募集して、海外旅行に行きます。でもひとえに海外旅行は趣味だけのことではなく、自分自身にとっては生きがいや、元気になれる事、新しい自分を発見できること、自分がポジティブに行動できるきっかけなのです。私は幼少の頃は、家族と行く旅行はあまり好きではありませんでした。当時の家族旅行は国内旅行でしたが、気が進まなかったのです。理由はいろいろ挙げられるのですが、簡単に言えば、楽しみ方や発見の仕方がわからなかったという感じです。それに気付いたのは、大学生での学生旅行でした。初めての海外旅行に、1人で行ったのです。ヨーロッパをリュックサックでまわる旅でした。旅行が気の進まない私が行こうと思ったきっかけは、フランス語を学んでいて、どうしてもフランス、パリに行ってみたかったのです。心の奥底からわき出るような、パリへの憧れが、その学生旅行への衝動を誘ったのです!せっかくヨーロッパまで行くなら、そのまま地続きの、イギリスをのぞいてはですが、地続きのヨーロッパを感じで見たいと、自ら思ったのです。1人旅なので自分自身だけが頼りで、自分だけで予定を決めて旅することができるのです。こんなにワクワクして、しかもかなりの緊張感もありましたが、それが、生きてるという実感をも誘い、すべての感覚を研ぎ澄ませながら旅を続けたのです。その後、海外旅行はフランスを中心に学生時代には続けていました。そんな時、あるパリジャンと友達になり、どんな日常を送っているのか、興味津々で色々と話しを聞いていたのです。すると、海外ボランティアで数回、フランス領である島々や、アルジェリアなどのアフリカへ赴いている、というのです。聞けば、フランスの若者にとって、そのような海外ボランティアをすることは自然で有意義な体験として、多くの学生が経験していることだそうです。そこで気付きました。自分の大学の友達も、ボランティアをしている人はいるなと。今まで、そのような話を聞いたことはあっても、私自身が自分の好きな自由な旅をすることばかりが頭にあったので、大学の友達の行動や話が、全く頭に入ってきていなかったのです。パリでできた友達のパリジャンが話す事の中に、ボランティア活動の話題が出てきたので、興味を持って初めて耳を傾けることができたのです。開眼した、という感じでした。自分も自然なきっかけ、流れを持って、海外ボランティアができ、ボランティア精神というものがわかり、行動へとつながるといいなと思いました。・今まで行った海外旅行先で特に大好きな国は、何と言ってもトルコです。東南アジアやハワイ・グアム、ヨーロッパ旅行に行ったことのある人は周りにも多いですが、ひとあじ違った魅力を楽しむことが出来ました。日本からトルコに旅行しやすい理由はたくさんありますが、まず物価も日本と比べて比較的安く、地理的にヨーロッパよりも近く、学生旅行やバックパッカーに嬉しいLCCの格安航空券から、時短で便利な直行便もあります。また、中東やアラブ地域というとどうしても治安を心配しがちですが、中でもトルコは比較的治安が良く、最低限自分でも気を付けていれば、ヨーロッパの大都市やアメリカよりも治安はだいぶ良い方です。また、トルコ人は今までの歴史的背景から親日の人が大変多く、優しい人々にもたくさん出会え、幾度となく見ず知らずのトルコ人に助けられました。日本と比べるとまだまだ発展途上の面もあり、海外ボランティア先として選ぶ人もいます。トルコの魅力の中でも特に外せないのがトルコ料理です。世界三大料理の一つとも言われ、味は世界中の人々に保証されています。オーブンで焼き立てのピデ(トルコ風ピザ)、新鮮なトマトやオリーブをふんだんに使った料理の数々、どこまでものびる、パフォーマンスも楽しいアイスクリーム・ドンドゥルマ、そして日本でもとても有名な屋台料理のドネルケバブ等、毎日食べていても全然飽きません。辛い料理が比較的少なかったりと、日本人に合うものも多いですが、日本では馴染みの少ないラム肉料理などに挑戦してみるのもお勧めです。また、旧オスマン帝国の歴史を思わせる美しい宮殿やイスラム寺院のモスク、紀元前の様々な遺跡など、観光名所もたくさんあります。ワインが美味しいカッパドキアの奇岩群や地下都市は是非訪れたいですし、エーゲ海沿岸部へ行くとアンタルヤやイズミール、マルマリスといったビーチリゾート地もあります。ナルギーレ(水タバコ)とチャイ(お茶)の文化や、イスラム文化に触れられるところも面白いですし、独特のトルコの音楽も異国情緒があります。トルコの国土は日本の2倍ほどもあるので、一度の滞在では時間が足りず、必ずまた訪れたくなってしまう国です。